主教による降臨節の黙想:降臨節第二主日

 洗礼者ヨハネがイエス様の道備え役として登場しますが、その言葉は、人々を一刀両断するような響きを持ち合わせ「自己変革」を迫るようなものでもあります。
 私たちは「自分らしく生きたい」と願っていますが、聖書のメッセージに立ち返ってみますと「神様の似姿に造られている者(私たち)」という言葉が目に留まります。言葉を足せば、自分らしさとは、神様から他でも無いこの自分に授けて戴いている命という宝を責任をもって使いながら、その中で自分にしか残すことの出来ない人生の足跡を刻み、与えられた日を生き抜いていくことであると言えましょう。
 しかし、一方で私たちはしばしば周りの期待やイメージに左右されてもいます。周りが勝手に作るイメージや、その人らしさなるものがあって、それに応えようとして頑張ってみたり、それに縛られ、振り回され、苦しくなったりもします。実際、イエス様も周りから実に勝手、且つ無責任なイメージを作られもしました。今もそのことは否定できません。けれども、イエス様はその都度それを打ち破りながら一貫して「神の子」としての道を歩み続けられました。
 私たちはイエス様と全く同じとはいかないかも知れませんが、少なくとも神様に造られている神様にとっての作品、神様にとっての宝物であるという事を大事にしようという生き方は、私たちに新しい出発を与えてくれるでしょう。
 確かに、昨今のような目まぐるしい世の中、煩わしい世の中に在って、自分らしく生きる、神様に造られ、命という宝物を授かっている自分を保つとか回復すること、それは並大抵の事ではないでしょうが、しかし時にそれは、悪の中に在っても、善を保つこと、毅然としていること、周りの勝手なイメージや噂に振り回されないことに通じるところが大いにあるようです。
そして、何よりも大切なのは、神様との対話を優先させる生き方でしょう。周りの評判やらに一喜一憂するような自分を作り上げていく前に、神様の眼差しの中に在って自分を整えていくことでありましょう。
 しかし一方、神様の眼差しの中に在って自分を整え上げていくことは、辛さや大変さ、苦しみや孤独感も伴うこともありますが、それから逃げてばかりでは、自分らしさを手にする事は難しいでしょうし、下手をすれば「人生、一生逃げ」ともなりかねません。取り分け、イエス様に於いては最大級と言える苦しみや辛さ、孤独感を嫌と言う程に噛味わわれました。しかし、いつでも神様の眼差しの中に在り続けられたからこそ、底知れない優しさと労り、憐れみを備えてもいらっしゃいました。
 人間は同じ作業しか繰り返せない機械、インプットされたものしか引き出せない機械とは違います。二度と無い掛け替えのない人生、今という時をより実りあるものとして過ごすために、神様の作品である自分らしさへの気付きと感謝こそが、二度と無い掛け替えのない人生をより実りあるものとして過ごす術となりましょう。一つ一つの事柄に出来る限り心を込めていく時、人はその人にしか残すことの出来ない足跡なるものを刻み始めるのでしょう。イエス様のご降誕へ向かっての、黙想の手掛かりの一つにできればと願います。


主教による降臨節の黙想:降臨節第一主日

前主日をもって、毎週続けられてきた聖餐式の映像配信は終了しましたが、降臨節を迎え、毎主日の福音の黙想を髙橋主教が執筆してくださいます。

明日、降臨節第一主日の黙想はこちらです。この黙想は、「自宅で行う主日礼拝」のページにも掲載されます。

教会に行ける時も、行けない時も、主日に福音のメッセージと共に過ごす時を大切にして、主のお生まれの喜びを共にいたしましょう。

2021年度の「主日の福音に聴く」、開講です

いよいよ来週から教会の暦は新しい年度に入ります。 

新年度も、どうぞ「主日の福音に聴く」をご利用ください! 

http://www.anglicancathedral.tokyo/fukuin/index.html

2020-11-28(土) 17:00:光の礼拝

2020年11月28 日(土)午後5時
司式 : 髙橋宏幸 主教
説教 : 髙橋 顕 司祭

配信トラブルのためにご迷惑をおかけした皆様にお詫び申し上げます。

録画ビデオ

式文はこちら




主教メッセージ 「日本聖公会第65(定期)総会を前に」

「日本聖公会第65(定期)総会を前に」

 コロナウイルス感染症の収束が未だ見られない中、初のことですが10月27日(火)~29日(木)オンライン形式で日本聖公会第65(定期)総会が開催されます。今回は26の議案が協議されますが、その中で特に三つの重要な議案について記したいと思います。

1「法規一部改正」の件

 「宣教協働区・伝道教区制」という、教区制の改革を目指すものが主教会より出されます。その提案理由の中、以下のように記されています。
 「本議案が提起する歴史的とも言える決断は、今後様々なレベルにおける具体的かつ丁寧な協議の積み重ねを必要としている。そしてその議論の中には、より幅広い信徒の奉仕職の在りようの模索が含まれるだろう。今や私たちは、この時を主が与えたもう時と捉え、困難な経験へと共に踏み出す事を求められている。それは、私たちにとって挑戦的で創造的な旅の始まりとなるだろう。主教会は、日本聖公会が日本社会における責任ある福音宣教を、今後も継続的・発展的に担い得る器であり続けるために、この議案を提出する」
 自教区の為だけでなく日本聖公会全体を一緒に考え、日本聖公会全体の宣教活性化のため、他教区と協働すべく複数教区による宣教協働区を設け、詳細は協働区に置かれる協働委員会で協議していくというものです。
 東京は日本の首都であり大都会ですが、広く日本全体を見渡す時、また日本における宣教という、キリストの教会に託されている働きを考える時、私たち東京教区にとって他教区に聴き、学ぶこと、協働していくことも決して少なくないと思えます。また、この提案は、これまでの日本聖公会の在り方を大きく変えていこうとするものであり、当然そこには不安や困難、戸惑いも伴い、今後修正等も生じ得ますが、「神様の働きの器」として活力が与えられることを祈りたいものです。

2 「2022年宣教協議会開催」の件

 10年前「いのち、尊厳限りないもの―宣教する共同体のありようを求めて」と題して宣教協議会が開催されました。しかし、当初の開催目的は「信徒減少・高齢化、聖職者不足、教会建物の老朽化、財政の逼迫」「社会的に弱い立場におかれている人びとへのケア」「戦争責任を告白する日本聖公会が平和の器として用いられること」でしたが、東日本大震災、福島第一原子力発電所事故に通して、「絶望の内にある人びとのかすかな声に耳を傾け、声を出せない人の『声』となっていくこと」「希望を奪われた状況の中に生きる人々に対して『にもかかわらず』神の祝福“<いのち>の喜び”を語り続けることの大切さを学び、日本聖公会の宣教の原点は、「教会内の牧会はもちろん、教会のある地域全体に対する牧会的働きを丁寧に実践していくこと」「地域にある課題、世界にある課題に誠実に取り組むこと」であると確かめ合われました。それから10年後の2022年開催予定の宣教協議会では、「宣教・牧会の実りの収穫感謝として分ち合うこと」、そして「これからの宣教方針、方向性」を探っていくことになります。
 2023年、東京教区は宣教100周年の年を迎えます。宣教協議会開催の時にはその成果も踏まえて次の100年の歩みを探り、宣教の使命を果たしていきたいと願います。

3 「原発のない世界を求める国際会議」声明に賛同する件
  「原発のない世界を求める週間」設置の件

 日本聖公会は、脱原発と自然エネルギーへの転換を目指すこと、そして未だに決して解決したとは言えない2011年3月の出来事を風化させることなく、むしろ、あの出来事が語ることを聴き、学び、いのちを尊び、平和に生きる社会の実現へと歩み続け、「被造物の本来の姿を守り、地球の生命の維持・再生へのたゆまぬ努力を意識し、決意を確かめ合うものです。

 前回宣教協議会は東日本大震災発生の翌年に開催され、当初予定のテーマが大きく変えられました。次回宣教協議会、そしてランベス会議(全聖公会主教会議)が2022年開催予定ですが、コロナウイルス感染症が世界中を脅威に晒し始めた二年後です。
そこに、私たちは改めて「いのちの宗教であるキリスト教」、そして「いのちに仕え、守り合うためにつながり」を心に刻み付け、それに基づいた例え小さくても具体的な働き、動きを生み出していきたく祈ります。

 冒頭に記しましたように、重要な三つの議案を取り上げましたが、私たち一人一人が日本聖公会のメンバーであり、キリストの肢でもありますので、どうぞ関心を持っていただけることをお願い申し上げます。
また、今回の総会はコロナ禍ゆえに、これまでとは異なる形式での開催となります。どうぞ、そのこともお祈りの内に加えていただけますようお願い申し上げます。

 なお、「日本聖公会第65(定期)総会を前にして」と題して、植松誠首座主教が書かれた文書が「管区事務所だより」(http://nskk.org/province/)から、また、「法規一部改正」について北海道教区で行われた勉強会の様子が、聖アンデレ主教座聖堂のホームページよりご覧いただけます。

日本聖公会東京教区主教
主教 フランシスコ・ザビエル高橋宏幸

主教教書(16) 「ご降誕の時に向けて」

「ご降誕の時に向けて」

日本聖公会東京教区
各教会・礼拝堂・教役者・信徒の皆さま
2020年10月16日

東京教区主教           
フランシスコ・ザビエル高橋宏幸

未だ収束の見えないコロナウイルス感染症の中、各教会・礼拝堂での慎重に慎重を重ねての最善の備え、対応に感謝申し上げます。
礼拝や設備等への調整や工夫を重ねておられる中、慣れていくことが良いものと、気の緩みという慣れてはいけないものがある中で、降臨節、降誕日、顕現節に向かい、教会員会等での話合いが始められる時期になりました。インフルエンザへの不安も高まる折ですので、更なる慎重と用心の上、諸々の判断をされますようお願い申し上げます。

殊にご降誕の期節には信徒でない方がたも加え、例年多くの方がたの礼拝参加が見られます。しかし、未だコロナウイルス感染症収束の兆しが見えず、加えて第二波への懸念も専門家から出されている中に在りましては、これまでも東京教区が大原則とし、確認し合ってきました「いのちを守り合うこと」「教会としての社会的責任を果たすこと」への対応を考えます時、また引き続き「三つの密」を避けるために、例年のような多くの方がたに自由に参加していただく形は難しいことは歴然としています。
各教会・礼拝堂の規模や状況にもよりますが、礼拝回数、礼拝時間、礼拝参加形式への一層の配慮と工夫をお願い申し上げます。
また、例年行なわれている「クリスマス祝会・愛餐会」は、残念ですが自粛くださるようお願い申し上げます。

なお、主教座聖堂から毎主日に配信しています聖餐式動画は、11月22日(降臨節前主日)をもって一旦休止致しますが、その後の大祝日や教区礼拝の配信は別途検討致します。
今年は、主のご復活を集まって感謝し、祝うことができず、ご降誕も制限のある中でのこととならざるを得ません。物理的、身体的に共に集まることが難しい時であればこそ、「場所でなく場と霊的なつながり」の中に居られる主の働きを信じ、祈り求めましょう。

既にお伝えしていますように、万が一感染された方が出た際には速やかに教会、及び教区事務所総主事(下条司祭)宛に通知ください。プライバシーには配慮し対応致します。

罹患された方がたの回復、医療の最前線で献身、尽力しておられる方がたのお働き、エッセンシャルワーカーの方がたのお働き、生活上の不安、困難を余儀なくされている方がたへの支え、ご逝去された方がたの魂の平安と悲しみの内にある方がたへの慰め、そしてこの危機の収束を切にお祈り致しましょう。
また、罹患された方がたへの偏見や差別に陥らぬよう併せて祈りたいと思います。

主が憐れみをもって、私たちの悩みを顧み、愁いと恐れを取り除き、み顔の光によって私たちに主を仰ぎ見る力と希望を注いでくださいますように アーメン

「被造物を祝う」礼拝を動画配信にて行います

毎年、自宅で身近に過ごす動物たちと一緒に参加する楽しい礼拝ですが、昨年は台風のため中止となりました。今年も、残念ながら感染症対策として動画配信で礼拝を行います。

配信の動画の中には、多分人間以外の動物は登場しないのではないかと思いますが、ぜひご自宅の動物たちと一緒に礼拝をお献げください。

こちらからどうぞ。

読書室「イコンの黙想」に「命の泉の聖母」掲載

 しばらく、「イコンの黙想」に新しい記事が掲載されないのを不思議に思われた方も多いと思います。

ひとえに担当者が多忙にかまけ、頂いている原稿を寝かしてしまっているのが原因です。楽しみにお読みくださっている皆さま、またお忙しい中精力的にご執筆頂いている瀧口さんにお詫び申し上げます。 

今回は、命を与える泉と聖母のお話です。
「この泉の水に触れる者は、楽園の水に触れることになるのだと、イコンは語っているのかもしれません。」

http://www.anglicancathedral.tokyo/web/docs/takiguchi_19.html

主教教書(15) 「平和を覚えて祈る時に」

日本聖公会東京教区
各教会・礼拝堂・教役者・信徒の皆さま

「平和を覚えて祈る時に」

2020年8月12日

東京教区主教      
フランシスコ・ザビエル高橋宏幸

殊に8月は「平和」という言葉を数多く目や耳にします。しかし、8月に限らず毎日が「平和」を思い、実現する一日一日のはずです。

「私はあなたたちに平和を残し、平安を与える」と、十字架を目前にされたイエス様は言われました。その「平和」とは、命の造り主なる神様と、造られたものとの間に生み出される命の調和なくしては成り立ちません。また、そのために「まず、神の国と神の義とを求めなさい」と、イエス様は命じられました。

「人類は、一人一人が自分以外の人とも平和に暮らしているので無ければ、本当に平和とは言えない。そして、その平和の源とは、一人一人の中での自分との闘いにかかっている」
ということが、世界中から宗教者が集まった際に言われました。
イエス様の歩みを思います時、ご自身との闘いでもある十字架を通して、神様による平和を創り上げられました。
心を乱し、平安を失いがちな私たちに向けてのメッセージ、「恐れるな、私がいる!」は今も生きておられるイエス様の心、働きそのものです。別名「平和を造り出す器」であるキリストの教会は、いつ如何なる状況に在っても、殊に昨今の大変な状況であればこそ、一層み言葉への信頼と祈りを強め、深めてまいりましょう。

引き続き、各教会・礼拝堂での慎重に慎重を重ねての最善の備え、対応に感謝申し上げます。なお、相変わらず不安な状況が続いていることに加え、熱中症への心配もあります。殊に礼拝参加の際にはこれらの状況に留意され、更なる慎重と用心を重ね判断をされますようお願い申し上げます。
既にお伝えしていますように、万が一感染された方が出た際には速やかに教会、及び教区事務所総主事(下条司祭)宛に通知ください。プライバシーには配慮し対応致します。

罹患された方がたの回復、医療の最前線で献身、尽力しておられる方がたのお働き、生活上の不安、困難を余儀なくされている方がたへの支え、ご逝去された方がたの魂の平安と悲しみの内にある方がたへの慰めをお祈り致しましょう。
また、罹患された方がたへの偏見や差別に陥らぬよう併せて祈りたいと思います。

2020年8月9日(日)・8月15日(土):ライブ配信「平和のために祈る」

2020平和のために祈るポスター.pdf

8月には「平和のために祈る」ことが続けられてきました。
今年は、8月9日(日)の夕の祈りにあわせて、原爆の犠牲者と被爆された方々をおぼえ、また15日(土)正午には、平和の祈りとして主教座聖堂での礼拝を広く呼びかけて行うことを計画していました。

しかしながら、感染症拡大の懸念もあり、今年は「ライブ動画配信(生中継)による平和のための祈り」として、この平和のための祈りを分かち合いたいと思います。

以下の礼拝をライブ配信いたします。

8月9日(日) 午後5時 夕の礼拝と代祷
「原爆を憶えて祈る」 司式:主教 髙橋 宏幸


8月15日(土) 正午 平和の祈り
「平和を祈る」  司式:主教 髙橋 宏幸  お話:司祭 関 正勝


それぞれの礼拝のタイトルから、特設ページへ移動します。
ライブで参加できない場合も録画をご覧頂けます。

共に祈り、平和への思いを新たにいたしましょう。